境遇を改善できない理由

~~~~~~~~~~
私たちは、境遇を改善しようとは思いますが、
自らを改善しようとは、なかなか思わないものです。
境遇を改善できない理由は、まさにここにあります。
– ジェームズ・アレン –
~~~~~~~~~~

以前、整体を習っていた頃、
そこは心理療法にも力を入れていたので
そのコースもとっていたのですが、

身体の不具合は心から、
心の不具合は身体からアプローチ

という大原則みたいなものがありました。

 

この原則は、整体に限らず
いろんなことに応用がきくようでして、
問題(として浮上している)に直接手をつけず
からめ手で行けば力が要らないし
結果として無理なく事が運ぶようです。

冒頭の例でいえば
環境に満足できないからと言って
環境に働きかけるのは初心者。

環境の対局といったら自分ですから、
自分を変えることで環境を改善できないかと、
その方針を立てるわけです。

 

さて、もう一段上があって、
自分を直接変えようとすると無理がある。
自分を変える目的で
それをオートマチックに出来ないか?

あるじゃないですか!

風水でも好いし、色彩心理学でもOK。
波動調整、ホオポノポノ、、、

登山口は無数にありますよ^^v

f:id:jojojojosho:20191023090156j:plain

monologue

Posted by josho