離れているから「こそ」

~~~~~~~~~~
他の親切は、その当時にこそ
余計なお世話に見えるが、
後になると、もういっぺんうるさく
干渉してもらいたい時期が来るものである。
– 夏目漱石 –
~~~~~~~~~~

近くにいると、五月蠅くて鬱陶しいのに、
離れているとそれが懐かしい。
まさにうちの嫁さんを言い表していますね。
もっとも正確に言うなら
離れているから「こそ」であります。

 

離れているから、自分の冷静さを保てて
心の大きな自分でいられるのですが、
考えてみたら、他に左右されるような心では
いざというとき心もとない。

してみると、嫁さんは私を鍛えるために
神様が遣わしたコーチなのかもしれないなんて、
独り落ち着いているときにはそう思う

f:id:jojojojosho:20191127113234j:plain

monologue

Posted by josho