自分の汚さを知ってる人

~~~~~~~~~~
世渡りで身を保って行くには、

あまり潔癖すぎてはならない。
一切の汚れや穢れも、
すべて飲み込むようでありたい。
人と交わるには、
あまり几帳面すぎてはならない。
一切の善人悪人、賢者愚者をもすべて
包容できるようでありたい。
– 菜根譚 –
~~~~~~~~~~

潔癖な人は苦手です。
なんだか無理とか嘘をかんじるから。

大学の頃つきあった女の子が
ある日の帰りに一駅寝過ごしてしまって
上り電車でまた戻ったらしいのですが、
普通、そのまま定期券で出てしまうところを
わざわざ一駅の往復分を支払ったと言うのです。

いや、お嬢様は違うな!と感心しましたが、
その同じ彼女が、学科の専攻が係った試験のとき
こっそりカンニングしているのを
後ろの方に座っていた私は見てしまって、
見てしまったことを彼女に見られてしまいました。
あんなバツの悪いことも珍しい。

綺麗ごとって、自分の汚さを知ってる人ほど
言いたがるものなのでしょう。

f:id:jojojojosho:20200112110837j:plain