一番大事なもの、それは

自由に生きてますか?

自信を持って”YES”のひとは
すばらしいと思います!

たいていの人は

「本当は●●したいけど
◆◆の理由でできずにいる」

といったことの一つや二つ、

細かいものまで数えたら
10個や20個はかかえて
生きていることでしょう。

 

普段はそれほど感じなくても
何かのひょうしに

「あ”~、自由になりたい!」

と、叫びだしそうになるのは
私だけではないはずです。

そう、他人からは
“自由気ままで好き勝手”に
生きてるように見える私でさえ、
自由を求めてあこがれて
日々過ごしています。

 

さて、それではなぜみんな
自由になれないというか
不自由を感じるのでしょう?

我慢していることがあると
それだけで不自由だというなら
そもそも自由は不可能です。

もっと現実的に考えて
まず最初に思い浮かぶのは

「自由ってどんな状態?」

これの答えを案外ほとんどの人が
解っていないというか
考えてたこともないのでは?

達成したことが確認できなければ
永遠に自由になれないですね(^^;

「自由意志で行動できるなら
自由な状態と言えるのでは?」

いきなりきいたふうな、、、
もとい、鋭いところをついた
意見が出てきましたね。

たとえば誰かが

「昼はカレーが食べたい!」

そう思って、レストランで
カレーを食べたとします。

彼は自由意志で行動しましたか?

 

カントという、
難しいことを考えるのが
得意な人によると、

“外部からの影響を受けた欲望”

それが、彼にカレーを食べさせたと
そんな事を言っていました。

つまり「カレーが食べたい!」が、
テレビコマーシャルを観たとか
歩いていてカレーの匂いを嗅いだとか、
外部からの影響を受けたのなら
自由意志と呼べないよと。

「そんなこと言ったら
自由意志なんてムリじゃね?」

まぁ、そう簡単にあきらめずに、
カントさんが何て言ってるか
まずは聴いてみましょうとおもったら、

けっこう長くなっちゃったので
この続きはまた今度に(^^;

 

明日じゃないかもですが
とにかく明日の晩
またメールはしますね。

mail

Posted by josho