monologue

人間は大体、
目に見えるものしか信じてないでしょ。
例えば雨が降って、地上では傘をさしてる。
だけど、飛行機で雲の上に上がってしまえば、
そこに太陽はある。
人々は頭上に太陽があることを、 ...

monologue

走れなければ
歩けばいいんだし、
歩けなくなれば、
こうやって立ち止まり休めばいい。
目的の地は、
いつまでもそこにあるのだから
– 市川拓司 –

東 ...

mail

天気予報士が強迫される話です。

天気予報士というのは
ご存知のように、天気を自分で
決めてはいません。

国立だか民間だかの機関で
気象学者やコンピューターが
情報を提供して、 ...

mail

少し前の話ですが
すごい雨の朝でした。

駅までの自転車で
スニーカーは洗濯したての如く
歩くとゴポゴポ音を立てて、
よりによってあんな日に
出かけなければ好かったです。

...

monologue

~~~~~~~~~~
外灯というのは

monologue

~~~~~~~~~~
晴れた日は晴れを愛し、

monologue

~~~~~~~~~~
濡れているものは雨を恐れない。

monologue

~~~~~~~~~~
雲の後ろには