monologue

~~~~~~~~~~
厭々する労働は