いつまで?

~~~~~~~~~~
辛いという字がある。
もう少しで、
幸せになれそうな字である
– 星野富弘 –
~~~~~~~~~~

こんばんは、
おおばじょうしょうです。

こういうこじつけは
ラジオ人生相談みたいで
普通は嫌いです。

よくあるでしょう、

「人という字は
二人で支え合ってますね」とか

「一つ止まると書いて
正しいと読みます!」とか、、、

こんなのはいいですけど(^^;
https://josho.tokyo/mb/65vn

この星野さんという方は
詩人であり画家でありまして、

だからなのでしょうか、

はじめに言いたいことありきの
無理矢理な我田引水と違って

「そう見えたのだろうなぁ」と、

「そう見えた瞬間
幸せになれたのだろうなぁ」と、

そんな風に思えてくるから
不思議ですね。

実際、あと少し辛抱したら
それまでのすべてが報われたのに、
一歩手前で諦めちゃう人って
けっこう多いです。

もったいない話ですけど

「なら、いつまで辛抱するの?」

そんな質問が必ず出てきます。

答えは単純です。

「上手くいくまで!」

大切になってくるのは
それまで続けていけるペース配分と
粘っこい性格でしょうね(^^;

ではまた!