なにか不都合でも?

~~~~~~~~~~
完璧主義者というのは、
完璧にできなかったことをずっと悔やんで
自分を責めるか、他人を責めるか。
いずれにしろ、
人間を責める人のことです。
– 斎藤一人 –
~~~~~~~~~~

こんにちは、
おおばじょうしょうです。

私は今でこそ
68点で良しとしていますが、
大学受験までは
いつでも満点狙いでした。

ただ、普通の完璧主義と違って
(普通がどんなだか、わかりませんが)
なんでも満点を狙うのでなく、

満点を狙えそうもないものは
はじめから手をつけなかったので、

学校の成績なども
英語98点、数学100点、地理18点、、、

これじゃぁ社会科の先生は
私を憎むに決まってます(ーー;

そもそも98点と100点の間には
深くて暗い川があって、

勉強するときも本番でも
石橋を叩いて壊すくらいの
忍耐が要求されるので、

とてもじゃないけど
すべてにそれを行っていては
生きてる暇もありません。

受験くらいだったら
当時は3科目で受験できたけど、

社会人になると、
まして親になったりすると
いろんな事をトライアスロンのように
こなして行く必要に迫られて、

90点主義⇒75点主義⇒65点主義、、、

段々とハードルを下げていって、
合格ギリギリの65点だと
何かの拍子に間違えたらアウトなので
68点主義に落ち着きました。

それだと、以前は切り捨てたような
さまざまなジャンルにも
安心して手を伸ばせるのですが、

今度は完璧主義の人から

「決められたやり方と違ってる!」

目の敵のように言われることが
多くなってしまいました。

なにをカリカリしてるのでしょうね^^;

ではまた