祝福でさえ仇になるとき

~~~~~~~~~~
思いわずらうな。

なるようにしかならんから、
今をせつに生きよ
– ブッダ –
~~~~~~~~~~

レットイットビーとかケセラセラとか
こういうテーマの歌はたぶん
世界中にあるのだろうと思います。
永遠のテーマであって、心理なのでしょう。

これは都市伝説だったのか、
誰からいつ聞いたのかも忘れましたけど、
ポールが、とある虐げられた人を救う大会で
レットイットビーを歌って顰蹙を買ったと、
そりゃ、ひどい目に遭ってる人たちに
「このままで好いんだよ、ベイビ~」
なんて言ったら、そりゃマズいよね(ーー;

でも、そういう奴ってたまにいて、
昔旅行先のマニラでの出来事。
食事にあたったのか
帰り道のジプニーで腹が痛くなり、
やっとペンションについて
さてトイレに駆け込もうとしたら、
なにやら大声で呼び止める声が。

友達の知り合いだったので、
一応なんでしょうか?と尋ねたら、
「今から君の健康のために、祝福を、、、」

ふざけんなよ!

私に今必要なのは祝福より
清潔なトイレなんだ!
そんなことも言ってる暇がなかったので
無視してトイレに駆け込みましたとさ。
めでたしめでたし

f:id:jojojojosho:20201130052310j:plain