運命を避けようとして

~~~~~~~~~~
人は、運命を避けようとしてとった道で、
しばしば運命にであう。
– ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ –
~~~~~~~~~~

恋焦がれても届かないこともあれば、
逃げたつもりが完全に捕まってしまうこともあり、
というより、思いと反対が多いような気もする。

これは、反対が起こったときの印象が強いせいで、
例えば時計を見て4:44とかのぞろ目が多いという人は、
3:27とかの印象が残ってないせいだという。

でもそれは心理学者の嘘だと思う!

どちらかというと、
まず運命が決まっていて、それを避けようとするように
何かに操られている気がする。
その時間を見て、何かを連想してほしくて
何かが時計を見せているような気がする

f:id:jojojojosho:20190918082121j:plain

 

monologue

Posted by josho