言うはやすしきよし

十のサービスを受けたら十一を返す。
その余分の一のプラスがなければ、
社会は繁栄していかない
– 松下幸之助 –

 

反対に、嫌な目に遭っても
それを同じ分だけ相手に返したり
ましてや赤の他人に回したりしないこと。
受ける方は多めに感じるから
世知辛い世の中が加速して行きます。

簡単な事ですね。
好ましいことなら割増しで
嫌な事なら割引で回す。
出来れば自分のところで止める。
たったそれだけの事だけど
どうして中々難しい。

ある人が書いていました。
他人に何かしてあげたときは
実際の10倍くらい大きく記憶するけど、
何かしてもらったことは
1割程度しか覚えていないので、
もし、公平と言う事を考えるなら
100倍の誤差がある事を忘れないように、と。

言った本人は
あまり恥を知っている人とは
その後思えなくなっちゃったけど、
そのことだけは心に刻んで
何かの拍子に思い出しています