週刊新潮は、いつ発売でしたっけ?

~~~~~~~~~~
人間の自由を奪ったものは、
暴君でも悪法でもなく、社会の習慣である。
– J・S・ミル –
~~~~~~~~~~

暴君も悪法も、けっこうやってくれるけど、
社会の習慣と言うか、しきたりほどではないかな?
何しろ強敵と言うか
無駄なことに金と労力を使いまくって
「ずっとそうしてきた」とか
「みんなそうしてる」とかで片づけられる。

小さなところでは
土用の丑の日に鰻を食べてるけど
あれは平賀源内というコピーライターが
鰻屋さんの依頼で作った習慣だそうで、
大きなところではお葬式。
ブッダは「死者に関わるな」的な事を言って
葬式仏教と言うのはなかったらしい。
もっともこちらは
残された人の気持ちの整理には
それなりに役に立っているようなので、
赤字国債より酷い免罪符に比べれば
存在価値は大きいのかも知れない。

でも、私が死んだときは
みんなに屍をさらしたりせずに
とっとと燃やすか
海にでも流してほしいです。
それは違法なのかな?
戒名なんていりません。
ポチでけっこう^^;