牛丼一筋の割には色々ある●野屋さん

驚かされるのは好きですか?

子供の頃はよく、
ものかげに隠れていて
「わっ!」
とかやって遊びましたが
そういうのではなくて

(あれが好きな人がいたら
ぜひともお話を聴かせて下さい)

予想外の言動で
好くも悪しくも驚かしてくれる、
そんな人についての話です。

私は基本的に好きですね。

基本的にというのは、
ウケを狙ってやってる人は
あまり、、、だからです。

それはともかく、
「目が離せません!」
などというときは、
目を離しているスキに
どのように変化してしまうか
解らないということで、
ほとんどの場合
褒め言葉で使われます。

それほど人は
予想外を好む性質を
持っているのです。

裏返すと、
すぐに予想がつくことは
退屈で嫌われます。

誤解を恐れずに言えば、
お年寄りの話がクドく感じるのは、
間をハショッてもわかることを
ぜんぶ話そうとするからで、
おまけにコースまで一定で、
どんな始まり方でも
昔の思い出話を経由して
決まった結論に向かうなら、、、

そうでないお年寄りも
もちろん多いですし、
実年齢が若くても
そんな風になっている
可哀想な人もいます。

 

予想を裏切ってくれる人と
年齢に関係なく老化した人とは
どこが違うのでしょうか?

原因はたぶん
いくつもあるのでしょうが、
現役で学んでいるか、
いま持っているもので
間に合わせようとしているか、
それもきっと
大きな違いを生み出してると、
そう思えてなりません。

なにも学問でなくても、
かまうことはありません!

新しい視点で
いつもの景色を眺める
きっかけになれば、
自分だって楽しいし、
人からも魅力的な
予想外の人に映るはず。

この道一筋というのは
言い訳のための
言葉ではないのですから、
何本でも新しい道筋を
増やしてみませんか?

吉田拓郎さんも
こんなこと歌ってました。
https://assaji.sakura.ne.jp/over/archives/5639